100万円の値が付かない

2020年07月05日

一括りに「不動産」と言っても色々ありますよね。

この間私の耳に入ってきた話で、都心の一等地希望値10億円なんて話がありました。

もちろん毛呂山町の不動産屋がどうにかできる話ではく(一応心当たりには声をかけましたが)

ただ指を加えて見てるだけ。

 

最近では査定額100万円を切ってしまうこともしばしば。

こういう物件、所有されている方は大抵相続で受けた(受けてしまった)方々。

どうすることもできずに長年に渡り所有されている方もいらっしゃいます。

 

得てして敷居が高く見られがちな不動産屋。

一括りに「不動産屋」といっても得意分野が違います。

弊社では、値が付くか分からない不動産につきましても真摯に向き合い、

どうしたら売却(処分)できるか、鋭意検討致します。

 

玉石混交、ひょっとしたら思いがけない値が付くかもしれませんしね♪