猫が飼えるアパートにリフォームその1

2020年10月18日

私は動物が好きです。

犬も好き、猫も好き。なんでも好き。

一口に「ペット可賃貸物件」といっても犬OK、猫はNG、

というところも多いのではないかと思います。

 

殺処分。

保健所に収容された犬や動物指導センターに収容された猫のうち、

公示期間が過ぎても元の飼い主が見つからずへ返還できなかったり、

新しい飼い主や動物愛護団体に譲渡できなかった場合、最終的には・・・。

 

犬と猫の殺処分数を比べるとおよそ3倍、猫のほうが多いんです。

最近野良犬って見ないでしょ、比べて野良猫はしょっちゅう見ますよね。

 

私は不動産屋。

住まいを売ったり貸したりしています。

造りましょう、猫が飼える賃貸物件を。

飼える環境を整えれば、きっと不幸な猫たちが減るはず。

お試し企画を人様の物件で行えないので、弊社で所有しているアパートの

1室でネコねこアパートリフォームを開始!

 

まず手始めに、床?壁?いやいや雨戸でしょ!

雨戸をルーバー付きに変更してみました。

なぜに雨戸か?

猫を飼っていると逸走(脱走)が気になって窓を開けられないんです。

これならルーバーを全開にして窓を開ければ、容易に空気の入れ替えが可能です。

「こんなに大きな隙間があったら虫が入り放題じゃないか?網戸にしたらしたで

ビリビリに破かれちゃうだろ!」なんて思った人、甘いです。

私、失敗しないので。

その辺もきちんとケアしてあります。

網戸はペット用の頑丈なものに張り替えてあります。(通常張り替え代金の3倍くらいします)

実際に私が引っ掻いてみましたが、そう簡単に破ける感じはしませんでした。

 

次回予告

壁の防音性能をUPさせよう

爪とぎから壁を守ろう

押し入れをトイレにしよう

キャットウォークを作ろう

君たちは台所に入ってはいけない

 

こんな感じの内容をお届けしたいな、と思っております。

同じ志を持っておられる方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

ルーバー雨戸